自分の中でどれだけ納得したものを作り出せるのか、そんな事を考えながらデザインをしている。グラフィックデザインにも流行があり、その流行をなぞったテンプレートで出来たようなものが溢れかえる市場を見ると、とても嫌な気持ちになるから。その環境や出会いでしか生まれ得ないようなものを作る。これから作り出すものが、どのような人が見て、使うのか、その人が住む土地や風土、何を食べ、そこに吹く風はどのような匂いがするのか。そんな事を知るために、可能な限り、足や時間を使う。
ここ数年、東京以外からの仕事が増えてきている。極力現地へ赴き、自分の中で納得の度合を高めてゆくようにしている。数年前、東京から遥か離れた地方に新しく出来る会社のロゴのデザインを依頼されたことがあった。航空機、宿、レンタカー、全て自費で行った。仕事としては赤字だったし、その2年後には組織の変更もあって、いつの間にか別の人が作ったロゴに変えられてしまったが、その時の事に関する後悔は無い。今はなきそのロゴも気に入っているし、その時に見た、地上から立ち上がる虹や、湧き水の清澄な味などは思い返す度に気持ちがほぐれるし、別の仕事への糧にもなった。ある仕事のプレゼンを受けた際も、オリエンテーションを受けに編集チームと現地に入り、打ち合わせを終え、その後二日間かけてその地方を見て回った。往復の新幹線代は出してもらったが、宿泊とレンタカーは自腹。その時点では仕事になるかわからなかったけれど、自分の中に湧いた興味を抑えこんでデザインを始めるのには抵抗があった。
約一ヶ月後、その時に撮った写真を使い、編集チームとともにかなり精度の高いプレゼンができた。中身の濃い、先方にも強い共感を示してもらえたプレゼンが出来たことで、それが仕事になるかどうかは、プレゼンを終えたその時点ではどうでも良かった。(その後正式にご依頼をいただき、その時の精算もしていただいた) 
自分としては机の上だけで生まれるものには抵抗がある。(それで良い物が出来る人も居るからこれは実力の差だろう) 
と、云うわけで明日は南の離島へ行く。初めての地だけれど、昨日別件で打ち合わせしたライターさんが口にした、「どれだけ『生活社の目線』で見つめられるか」。
その言葉を胸に、張り切って行ってこよう。(関)   






 

 

 



春が近づき、木々の佇まいが少しずつ鮮やかさを増すように、色々なものを少しずつ作り進めています。短い時間で一気に仕上げることも出来ますが、「いいもの」を作らなければ意味が無く、作り、距離を置いて考え、また作る。作業への集中力はこれまで以上に上げ、少し、考える時間を持つ。これまでの反省から、そんなやり方を試しています。そうして特別なニュースの無い日々を手と頭を動かして過ごすのは悪くないものです。いえ、頭を悩ませるニュースは仕事以外にも沢山あるのです。そちらに対しても、少しずつ、少しずつ、無理の無い範囲で出来る限りの事を続けてゆく。どちらにしても、途中で辞めたり諦めたりすることが一番良くないことだ、と思います。そうして綺麗な花が咲けば、見事な実となり、たくましい種がぽとりと落ちるのでしょう。(関)


野菜の料理教室 撮影風景



今週は撮影の日々。昨日と一昨日は今秋発売予定の料理の本、そして今日明日と民藝の教科書シリーズの4、「かござる」。どちらも随所で笑いがこぼれる楽しい現場ですが、良い本を作る為の素材作りとしてとても重要なパート。光を追い求め各々が持てる力を存分に発揮し合う、緊張感あふれる日々でもあります。

民藝の教科書 撮影風景
 
民藝の教科書 撮影風景
 
民藝の教科書 撮影風景
 
民藝の教科書 撮影風景

民藝の教科書 撮影風景

人の暮らしに必要な道具として作られた籠のディテールを見つめていると、人の技術の素晴らしさと、随所に溢れる素材の特性から導き出された工夫、そしてその想像力の豊かさに感動を覚えます。 このような素晴らしい、そして大切な技術が失われないように、と言うことは簡単ですが、これらが人々に使われなければ、それを作る技術、そして材料までも、遠くない将来には失われてしまうことでしょう。文明の端境期ともいえる現代の私たちの日々の暮らしには、常に次の時代への取捨選択が問われていると改めて感じています。
価値観は人それぞれですが、近視眼的に物を消費することのないよう意識のアンテナを張り巡らせて暮らしたいと思っています。次号はややストイックな号になりそうな気がしますが、取材チームがどのようなエピソードを持って帰ってくるか、楽しみに待っているところでもあります。料理の本に関しては、時期を見てお伝えします。(関)

代替文字




(c) mr.universe all rights reserved