触れて読む。陰影で読む。
バリアフリーカレンダー

駅や公共の施設などで見かける「点字」ですが、実は全盲や弱視を含め約30万人と言われる視覚障害者の中で、点字を読める人は約1割。
視覚に障害を持つ方の中で、疾病や事故など、後天的な理由によるものが8割を占め、大人になってから視力を失った方が、新たに「点字」を覚えることがいかに困難かわかります。
そうしたことから、触って読める「タクタイル(tactile/触れる・触覚の)文字」を必要としている方は多く、アメリカでは、ガイドラインでの義務づけもあり、公共施設での導入が進んでいますが、日本では、「浮き出し文字」を見る機会はあまり無いと言えます。



バリアフリーカレンダー 白地タイプ


日本生まれのタクタイル文字

画数の少ない、カタカナと数字のみで構成された「Forefinger(フォアフィンガー)」書体は、触って読みやすいことは勿論、公共の場に使う書体は、視覚にも美しいものであるべきと、山本明彦氏と「触覚文字フォアフィンガー研究会」によって開発されたフォントです。
『バリアフリーカレンダー』は、点字印刷に実績を持つ、真美堂手塚箔押所と、アートディレクター関宙明氏の協業による真っ白な紙面に、特殊な浮き出し加工を施された、タクタイル文字のシンプルなカレンダー。
触れて読める。そして、真っ白な紙面に落ちる影でも読むことができ、その影の変化から一日の光の移ろいを感じることもできます。

これまでにも、視覚に障害を持つ方向けのカレンダーはありましたが、黒地に白く文字を抜いた、コントラストを強調して、可読性を高めたものが多く、視力の弱い方にとっては見やすいものの、暮らしを共にする晴眼者にとっては、その存在感はやや過剰に感じられるものでもありました。
両者が共に使える、使いやすいカレンダーがあれば、一緒に過ごす時間や空間を、より気分の良いものにできるのではないか。そんな思いから、このシンプルなカレンダーが生まれました。





より高く、強い浮き出しを求めて

凸版、凹版二つの版を使う浮き出し加工は、版の精度と用紙の相性、さらには圧力の見極めが難しく、強く押し過ぎれば、破ける。皺が出来れば、滑らかな触り心地が損なわれます。より高い浮き出しを得るために、50種以上の用紙と、版、圧力の試行を繰り返し、完成へと至りました。



バリアフリーカレンダー カラータイプ






点字を学ぶ機会としても

ご利用くださった方々からのご意見を元に、祝祭日の点字表記を採用しました。また、表紙の裏面に「点字のしくみ」を掲載。普段点字と接する機会の無い方にもわかりやすく解説しています。


2タイプよりお選びください

真っ白な「白地タイプ」と、繊細な色合いの「カラータイプ」があります。お部屋のコーディネートに合わせてお選びください。



製品名:バリアフリーカレンダー
バリエーション:「白地タイプ」または「カラータイプ」
外寸:H250×W350(mm/金具含まず)
仕様:表紙含め13枚綴り/リング綴じ
価格:3,200円+税

取扱い店舗

カキモリオンラインストア
カキモリ


café&books bibliothèque (カフェ&ブックス ビブリオテーク)
東京・自由が丘店
大阪・梅田店
福岡・天神店
熊本・鶴屋店
café&books bibliothèque


日本点字図書館・わくわく用具ショップ
169-8586 東京都新宿区高田馬場1-23-4
03-3209-0751(用具事業課)
営業時間:9時〜16時
日曜・月曜定休
日本点字図書館・わくわく用具ショップ


MINA-TO(SPIRAL 1F)
107-0062 東京都港区南青山5-6-23
03-3498-4015
営業時間:11時〜20時、不定休
MINA-TO(SPIRAL 1F)







バリアフリーカレンダー 白地タイプ




バリアフリーカレンダー カラータイプ


点字のしくみ














inkstand.jp
webサイトリニューアル2017

Cording & Programming : 長谷川豊 Yuytaka Hasegawa
Photographs : 関 宙明 / Hiroaki Seki
Creative Direction / Art Direction /
Design : 関 宙明 / Hiroaki Seki
Client : 株式会社ほたか Hotaka co.,LTD.
























BOROSIL VISION GLASS / LAB GLASS リーフレット

Photograph : 松村隆史 / Takafumi Matsumura
Styling : 小沢 朋子 / Tomoko Ozawa
Creative Direction & Art Direction : 関宙明 / Hiroaki Seki
Design : 関宙明 / Hiroaki Seki
Client : 國府田商店株式会社



























◎造本仕様
・B6判並製、カバー装
・カバー:オーロラコート+グロスPP
・表紙:大和板紙
・見返し:キャピタルラップ
・別丁扉:フロンティタフ
・本文用紙:フロンティタフ+オーロラコート


つまみでおかず 瀬尾幸子 著

Photograph : 福尾 美雪 / Miyuki Fukuo
Styling : 吉岡 彰子 / Akiko Yoshioka
Edit : 小島 朋子 / Tomoko Kojima(家の光)
Illustration : 阿部伸二 / Shinji Abei
Printing Direction : 丹下 善尚 / Yoshihisa Tange
Art Direction : 関宙明 / Hiroaki Seki
Design : 関宙明 / Hiroaki Seki
Publisher : 家の光協会 IE-NO-HIKARI ASSOCIATION.













◎造本仕様
・四六判並製、カバー装
・カバー:ミセスBスーパーホワイト
・表紙:アラベールセージグリーン
・見返し:タント R-5
・別丁扉:アラベールスノーホワイト
・本文用紙:オーロラコート+b7トラネクスト


キッチンで読むビジネスのはなし
一田憲子 著

Art Direction : 関宙明 Hiroaki Seki
Design : 関宙明 Hiroaki Seki
Publisher : KADOKAWA



















西の湖 眠れるみずうみの物語 絵:阿部伸二




千葉望 連載 みちくさにならう 絵:波多野光


川内倫子 連載 近江のひかり


The Story of Lake Nishinoko 絵:阿部伸二






La Collina vol.12 西の湖
たねやグループPR誌

Photographs : 松本のりこ Noriko Matsumoto(特集・他) /
川内倫子 Rinko Kawauchi(表紙/連載) / 大沼ショージ Shoji Onuma(広告)
Text : 渡辺尚子 Naoko Watanabe
Ilustration : 波多野光 Hikaru Hatano / 阿部伸二 Shinji Abe
styling(広告): 四分一亜紀 Aki Shibuichi
Creative Direction : 丹治史彦 Fumihiko Tanji(信陽堂編集室 shinyodo edit brico)
Edit : 丹治史彦 Fumihiko Tanji / 井上美佳 Mika Inoue(信陽堂編集室 shinyodo edit brico)
Printing Direction : 浦有輝 Yuuki Ura(アイワード iWORD)
Printed and bound : アイワード iWORD
Art Direction : 関宙明 Hiroaki Seki
Design : 関宙明 Hiroaki Seki
CLIENT : たねやグループ Taneya Group







アノニマ・スタジオ 総目録2018

Illustration : 筒井早良 Sawara Tsutui
Creative Direction / Art Direction /
Design / Copy : 関 宙明 Hiroaki Seki
Client : アノニマ・スタジオ 中央出版株式会社










カキモリ / inkstand
OnlineStore

Photographs : 関 宙明 Hiroaki Seki
Creative Direction / Art Direction /
Design : 関 宙明 Hiroaki Seki
Client : 株式会社ほたか Hotaka co.,LTD.










WOODWORK by F.Maker
webサイトリニューアル2017

Cording & Programming : 長谷川豊 Yuytaka Hasegawa
Creative Direction / Art Direction /
Design / Copy : 関 宙明 Hiroaki Seki
Client : F.Maker




(c) mr.universe all rights reserved