絵本のたのしみ リニューアル

絵本のたのしみ
リニューアル

『こどものとも』という月刊誌をご存知ですか? 小さな頃にご家庭や園、学校などで親しんだ方もいらっしゃることと思います。
0歳から6歳までのお子さんを持つご家庭や、児童施設に、その年代のこどもたちに特に読んで貰いたい、おすすめの絵本を毎月送ってくれる福音館書店による定期購読サービスです。
毎月の絵本には、付録として『絵本のたのしみ』という小さな冊子がついており、書き手によって内容は様々ですが、絵本の解説や、読み聞かせのコツ、そして絵本の選び方のヒントなど、小さなサイズに似合わず充実した内容の副読本となっています。
ミスター・ユニバースでは、2012年から「絵本のたのしみ セレクション」用冊子の制作を担当しています。
そして今年の4月、3度めのリニューアルを行いました。


絵本のたのしみ 2017年版

2017年リニューアル春夏版


表面2色に中面1色という限られた色数ですが、固い誌面にならないようにデザインフォーマットを作っています。今回は「らくがき」をテーマに、子どもたちの頭のなかで自由に広がる発想が、ものがたりのように、どんどん姿を変えるさまをモチーフとしました。


絵本のたのしみ 2017年 中面デザイン

これまでもそうだったのですが、今回のリニューアルでも、中面下に描かれたイラストにちょっとした秘密を込めています。
左から右へと変化するイラスト、これ、実は始めと終わりがつながるようになっています。どれだけの方が気づいたかはわかりませんが、こういうちょっとした「いたずら」みたいなものに気づくと、距離がぐっと近づくように思うのです。
ささやかなことですが、こうしたちょっとした「うれしい」をとても大切にしたいと考えています。


絵本のたのしみ 2017年版 端と端でつながる絵

端と端でつながる絵




絵本のたのしみ
こどものともセレクション付録

絵本のたのしみ 2012年からの変遷

左から 2012年版、2015年 春夏版、秋冬版、2017年リニューアル春夏版 デザイン


Design : 関宙明 Hiroaki Seki(2012)/ 小荒井良子 Ryoko Koarai(2015)/ 池田未奈美 Minami Ikeda(2017)
Art Direction : 関宙明 Hiroaki Seki
Publisher : 福音館書店 Fukuinkan Shoten



Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Tumblr

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


(c) mr.universe all rights reserved