本のはなし⑧ 生きとし生ける空白の物語

本のはなし⑧
生きとし生ける空白の物語

生きとし生ける空白の物語 装幀 デザイン

生きとし生ける空白の物語 装幀


生きとし生ける空白の物語
姜信子
2015年 港の人



2011年『はじまれ ――犀の角問わず語り』以来4年ぶり2冊目の「港の人」からの一冊で、新潟日報と西日本新聞での連載に、書きおろしを加えたものです。
装画は平野妙子さんによるもの。連載時にはモノクロで使われていたそうですが、単行本にあたりこの鮮やかで奥行きのある色彩世界で包み込みたいと思い、カバーから見返しへ、そして表紙に至るまで、蛇腹を伸ばしぐるりと絵をつなぎました。
「はじまれ」では、無垢ないのちの塊の姿を造本に託しましたが、今回は、画を「皮膚」として纏わせるというイメージから生まれた造本でした。青い面の裏に赤い面を続けることで、冷たく冷えた皮膚表面の向こうに確実にある、強靭な「いのち」といったものが表現出来たらと思っていました。
「はじまれ」のときもそうでしたが、今回も、姜さんの文章の中にある「熱」に取り込まれ、煽られ、しかし最終的にはもっと熱量が上がるよう、自ら強い風を起こす気持ちで取り組んだデザインです。


デザイン詳細

生きとし生ける空白の物語 装幀 ブックデザイン     

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


(c) mr.universe all rights reserved