本のはなし③ ハッピーデイズ

本のはなし③
ハッピーデイズ

ハッピーデイズ ローラン・グラフ著 装幀

ハッピーデイズ 装幀


ハッピーデイズ
ローラン・グラフ 著 工藤妙子 訳
2008年 角川書店

story

18歳で人生のすべての要素は体験したと、貯金を解約し墓地と墓石を購入したアントワーヌは、35歳になって、老人養護施設「ハッピーデイズ」に入居する。
施設での日々、末期がん患者ミレイユとの出会い、死を前にして日々を生きる老人たちとの生活の中に、感じたことのない感情を見出してゆく。

デザインについて

原稿を読見始めてすぐに、頭のなかに一枚の写真が思い浮かびました。英国の写真家マーティン・パーによる“prefabs”(プレハブ)シリーズの一枚です。
きっと、あの写真がとても合うことだろうと思い、エージェンシーに連絡したところ、権利に難ありとの連絡。別案の検討を促されました。なんとかならないかと掛け合ってもらいましたが、なかなか返事が来ません。仕方無く権利がクリアされている別の写真を前に頭を捻りますが、どうにもしっくりきません。いっその事、根本からアイディアを練り直そうとしていた矢先、OKの連絡。なんとか間に合いました。
写真に響き合うように、写真の周囲に有機的な調子を付けた極細罫線を敷いています。ぱっと見色面に見せかけることで、だまし絵のような奥行きを作ました。これは、一筋縄ではいかない登場人物たちの感情の機微を、感じてもらいたいと思って行った工夫です。

デザイン詳細

◎ハッピーデイズ 装幀 ブックデザイン

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


(c) mr.universe all rights reserved