本のはなし① 独学魔法ノート

本のはなし①
独学魔法ノート

独学魔法ノート 表紙

独学魔法ノート 装幀

 

独学魔法ノート
岡崎祥久
2005年 理論社

story

当時、群像新人文学賞、野間文芸新人賞に続き芥川龍之介賞候補にもなった岡崎祥久さんによる“YA”小説です。
主人公ヒロマサヒロは、自分の中に深い思考の海を湛える少年で、ふとしたはずみで興味を持った魔法に魅入られ、魔法使いの道を目指します。思索の拡がりと超常現象(?)、様々な出来事が入り混じり、そして少年は成長してゆきます。

デザインについて

表紙だけでなく、本文でぐんぐん展開してゆく菅野旋さんによるイラストレーションは、はこの本のもう一つの楽しみどころです。
絵と物語が有機的に絡み合いながら展開してゆくようにしたかった為、その配置に随分と悩んだものでした。
カバーにはごわっとした手触りのパルパー選び、真中に大きくカタツムリのシルエットと、それに負けないような、強いタイポグラフィのタイトルを大きく配置しました。オレンジ色は、通常の4色印刷ではくすむため、強い彩度のオレンジ特色を含む3色構成とし、カタツムリを濃くするため、スミ+他の刷り色を重ねリッチブラック扱いにしています。
本文は『岩田細明朝体(ILMA)』。文字間を空けた、懐かしさを感じるフォーマットにしました。
初めて手がける装幀の仕事ではありましたが、現在でも独特の強い存在感を褒めていただくことの多い一冊です。

デザイン詳細/h3> ◎独学魔法ノート 装幀 ブックデザイン

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


PREVIOUS

(c) mr.universe all rights reserved