woodwork リーフレット デザイン

woodwork リーフレット デザイン  
 
woodwork リーフレット デザイン  
 
woodwork リーフレット デザイン  
 
woodwork リーフレット デザイン  
 
WOODWORKさんのリーフレットを作りました。
 
家具作りへの思い、素材、製品の確かさを伝えるために
手触りと存在感にこだわりました。
片面はフルカラー、もう片面には銀を二度刷りした上に蝋引き。
蝋引きをした紙はトレーシングペーパーのように半透明になるという特性を活かし
透かしと銀による隠蔽を組み合わせました。
また、触感は無垢の材にオイルフィニッシュをしたようにしっとりすべすべの手触り、
銀も深みのある渋みを湛えた輝きとなりました。
 
お店で見かけたら是非お手にとってみてください。
 
さて、15日からsenkiyaさんで開催中の
ウッドワークさんの新作家具発表イベント
「Woodwork Caravan in Senkiya 2012」
残すところこの土日。
明日土曜日は素描家しゅんしゅんさんの「にわの素描屋さん」と
笹倉慎介さんのライブ。
日曜はsenkiyaさんの庭でキノ・イグルーさんセレクトによる野外映画会。
山フーズさんが屋台を出すそうです。

「ちょうどこの週末senkiyaさんへ行かれる予定だった!」という方、
もし覚えていたらこのリーフレットを手にとってみてくだされば嬉しいです。
 
もちろん、御徒町の店舗でも配布しています。
 

◎WOODWORK

◎Woodwork Caravan in Senkiya 2012
 
◎Senkiya

 

 

WORKS_BOOK60

Design : 関宙明 Hiroaki Seki
Publisher : 朝日新聞出版 Asahi Shimbun Publications



    

民藝の教科書① うつわ デザイン

『民藝の教科書① うつわ』  グラフィック社刊 監修:久野恵一 著者:萩原健太郎



装幀を担当させていただいている本シリーズの第一弾が増刷となりました。
第1号出版記念の特製おまけ「活版しおり」もついてます!
 
東京での展示はすでに終了しておりますが、現在高島屋デパートで開催中の
「民藝展」でも本書が販売されております。是非この機会にお手にとってご覧下さい。
 
 高島屋
 「民藝展」「バーナード・リーチ展」(同時開催)

  ・横浜高島屋 ~9月24日まで
  ・大阪高島屋 10月10日~15日まで
  ・京都高島屋 11月7日~11日まで
 
 
 
 
(浜田)

わが友 ユダ 装幀 デザイン
 
わが友 ユダ
新井延男 著
港の人 刊
 

 

 

 

 
 
港の人、活版印刷詩集プロジェクトの作品です。
 
本文は活版印刷。表紙は箔押しです。
岩田明朝体の5号を用いて内外文字印刷さんが美しく刷ってくださいました。
また、箔押しは真美堂手塚箔押所さんがこの度も丁寧なお仕事をして下さっています。
非売品のため皆様にご覧いただく事は残念ながら出来ませんが、
写真から本書の雰囲気が伝わりますと幸いです。
 
 
 
(浜田)
 

私的カウンセリングの発達 装幀 デザイン
 
私的カウンセリングの発達
福原眞知子 著
朝日新聞出版 刊
  
私的カウンセリングの発達 装幀 デザイン
 
私的カウンセリングの発達 装幀 デザイン
 
私的カウンセリングの発達 装幀 デザイン
 
私的カウンセリングの発達 装幀 デザイン
 
 
心理学の専門書です。
若い方にも手にとっていただきたいという著者の方のご希望で柔らかいイメージで仕上げました。
書店などでお見かけの際はお手にとってご覧いただけますと幸いです。
 
 
 
 
(浜田)

 

りんごのかんたんおうち菓子 ブックデザイン



昨年デザインを担当させていただきました
内田真美さんの「りんごのかんたんおうち菓子」が
この度めでたく増刷と相成りました。
 
まるごと一冊りんごの本。
レシピの数も、プロセスカットも豊富で見やすく、
レシピは手近な材料で作りやすいと
色々な方が仰ってくださいました。
 
そろそろりんごの美味しい季節。
この機会にお目に留まりましたら
手にとってくださると嬉しいです。
 
 
どうぞよろしくお願いします。
 
 
 
造本はこんな感じです↓
りんごのかんたんおうち菓子

 

 
りんごのかんたんおうち菓子 撮影中



撮影中の一コマ。
好きなジャムでソーダ割りを愉しむの図。
勿論ジャムは真美さんのお手製です。

 
 
撮影したお菓子は皆で食べて余ったら持ち帰ります。
写真端には時々無性に欲しくなる
しょっぱいものが用意されているのが見えますね。
 
 

カキモリ webデザイン アートディレクション



蔵前の文具店カキモリさん。
ミスター・ユニバースではネーミング、ブランド施策、そしてプロダクトづくりと
色々なかたちでお手伝いをさせていただいています。
中でもWEBサイトでは丁寧な説明と、より共感していただける表現を
ブランド立ち上げ当初より心がけており、
そのトップページでは、誰もが経験したことのある「文具のある風景」を
写真とキャッチコピーで描き出すことで単にモノを売るだけのお店ではなく
「書くたのしさ」を提供するお店であり、
タグラインの「たのしく、書く人。」でそんなお店の「人格」を受け止め、
見た人が別の誰かに伝えやすくなるような工夫をしています。
 
さて、先日他のページのリニューアルと同時に
トップページの写真の差し替えや追加などの作業を行いましたところ、
どなたかは存じませんが「love カキモリ♡」というツイートを発見。
それに添えられた写真が、なんとそのトップページを
スマートフォンの待ち受け画面にしたもので 
驚くと同時にとても嬉しい気持ちになりました。
売れたり、話題になったりすることは
それが仕事ですから勿論嬉しいのですが、
誰かがとっても好きになってくれたんだなぁってことだけでも
実はすっごく嬉しいのです。
どなたか存じませんのでお礼のメールも書けません。
この場を借りて(というのもおかしな表現ですが)御礼申し上げます。
有難うございます。 
 
そしてこれら一連のコピーワークは伊坂真貴子さんによるもの。
100本ノックからの選りすぐりです。
まだ出していないものもありますので
時期を見てまた追加してゆこうと思っています。
 
 
個人的にはこれも好き。
カキモリ webデザイン アートディレクション
 
 
カキモリさんのトップページの写真は
ランダムなスライドショーとなっています。
あなたの気に入る言葉があったら嬉しいです。
 
たのしく、書く人。 カキモリ

 

 

Collier  前川秀樹の部屋



ミュージアム as it is で開催中の
「Collier  前川秀樹の部屋」 いよいよ9月23日までです。
 
中村好文さん設計の「museum as it is」 という気持ちのよい空間。
そこに広がる前川秀樹さんの世界。あるいは頭の中。
全身で前川ワールドに浸る貴重な機会です。
 
※写真は前川さんのアトリエ
 
 
   

museum as it is
[museum as it is] “Collier”

前川秀樹



 


今回の展示を美しいカードセットに収めました
[信陽堂編集室] Carte Collier
 



Worksのページへ作品を追加しました。 
 
新作ではなく、これまでにSyuRoさんのために制作したグラフィックをまとめました。
メインはカタログなのですが、展示会へのご案内DMも、
その年のテーマに合わせて趣向を凝らしています。
たとえば2009年は文具系のものが中心だったこともあり
原稿用紙をモチーフにしました。
夏の展示会ではボーダー。夏っぽいモチーフですが
その年に登場した季節限定カラーの「Kota」という製品に
ちなんだものです。
 
オーガニック素材を多く使い
優しい印象の製品が多いSyuRoさんですがブランドのイメージづくりでは、
甘くなり過ぎないようややストイックなトーンを心がけています。
また、印刷では活版印刷を多用しているのも特徴のひとつです。
 
よろしかったら御覧ください。
 
 
works SyuRo

WORKS_BOOK152

WORKS_BOOK153

WORKS_BOOK154

WORKS_BOOK155

WORKS_BOOK156

「わが友 ユダ」 新井延男 著

Design : 関宙明 Hiroaki Seki
Publisher : 港の人 Minato no Hito



    

(c) mr.universe all rights reserved