気がつけばもう6月。
 
あっという間に一年の半分が過ぎようとしています。
大きな地震がありました。
そして今尚、大きな不安が日本を覆っているように感じます。
  
幸せに暮らす。
 
この何でもない願いに対する答えが一握りの人間のものではなく
総ての人の権利として未来に引き継がれるよう
一人ひとりが知恵を絞り、歩みを止める事無く、自分が出来ること、すべきことを
今、考え続けてゆかなければならないと思っています。
  
自分のことを振り返ってみると果たしてどうだったのか。
  
私の仕事はデザインです。
グラフィックデザインに於けるアートディレクションという仕事は、
広告であれ、書籍であれ、見る人、受け取る人にとってそれが
かけがえの無い出逢いとなるように、愉しんでもらえるものであるように、
一緒につくり上げてゆく多くの方々と「いちばん大切なものは何か」を
日々問いながら作ることだと思います。

それが自分の仕事であり、自分の仕事から生み出せる
数少ない世の中への貢献ではないかと考えています。
   
6月になりました。
自分自身の仕事を果たして来られたかと問いながら 
ご紹介出来なかった今年に入ってからの主要な仕事を
関わってくださった皆さんに感謝の気持ちを込めながら
振り返ってみようと思いました。
   
お時間のある方はお付き合いをいただけますと幸いです。
 
 
 
  

(さらに…)

ウッドワーク てぬぐい

ウッドワーク てぬぐい

ウッドワーク てぬぐい

ウッドワーク オリジナル手拭い

Art Direction / Design : 関宙明 Hiroaki Seki
Client : 下甚商店WODOWORK



 
 

前川秀樹 物語集 「Zuhre」完成いたしました。
 
先行予約にお申し込み下さいました方
有難う御座いました。
 
予約分の300冊は、
先週の金曜日に信陽堂さんから発送され
週末にお手元に届いて、開いてくださった方も多いと思います。
 
 
各所から嬉しい反応をいただいております。
有難うございます。
 
制作のお話しなどはまた日を改めてすることにして、
明日18日からはいよいよ前川秀樹さんの展示
「Gwener」が、青山のDEE’S HALLにて始まります。
 
前川さんの作品世界に浸ることのできる
貴重な機会です。
是非足をお運びください。
  
会場では、物語集「Zuhre」の販売も行っています。
予約に間に合わなかった方はこちらで是非お求めください。
 
 

 
写真は3月11日の朝、「Zuhre」収録のために
ピンホールカメラで撮影した「海天の塔」です。
    
あの日以来色々なことがありました。
けれども、この本の制作を通じて、
人々の熱意が、「信じ」て「作る」というシンプルな行為の繰り返しが、
蒸気機関のように力強く、物事を前に推し進め、
何かを実現する力になるのだと思いました。
  
そしてそれはきっと本に限ったことでは無いのではないかと考えると
今、日本ですべきことに前向きな気持ちになれると言ったら
楽観的すぎるでしょうか。
 
そんな話はまた今度。
明日からはじまる「Gwener」へ、
是非足をお運びください。
 

 
2009年に開催された「Urger」と題された展覧会の様子 → 「Urger」
 
前川秀樹 像刻作品集 「Vomer」(ラトルズ)
 
 
 

<a href="http://www.mr-universe.jp/sit

Zuhre〈ズフラ〉
前川秀樹 物語集
 
  
前川秀樹さんの物語集「ズフラ」
いよいよ明日10日、予約の締切りです。
 
前川さんが生み出す「像刻」たち。(記事は前回2009年の展覧会「URGER」より)
その姿のうしろにはいつも物語の存在を感じ、
ひとつの彫刻作品としてだけで完結しない、
観る者の想像力をぐいっと別の世界へと迷いこませ
拒むことが出来ない強烈な魅力があります。
  
今回の本では、その「物語」を
5本の短編として著したもの。
あるものは像刻の制作をしながら、
あるものは生まれた作品を前に
今まで僕らが知ることの出来なかった
前川さんの頭に浮かぶ言葉を紡いでいったそうです。
 
それこそが、ミューズが前川さんに囁く言葉なのかなと
制作をしてゆく中で、ふと思いました。   
 
         
「ズフラ」。
その心地良く豊かな物語の世界へ
訪ねてみては如何でしょう。
そこにはきっと、宝物を発見したような
喜びがあることでしょう。
  
 
         
ご予約の方には特典として
本編で使用したエッチングによる挿絵の版を使い
前川さん自らがプレスしたカードが付きます。
 
展覧会の度に作品が完売となる前川さんの像刻作品、
カードも同様に作品です。
大変希少なものとなるでしょう。
 
今回の本は今月18日より開催の
前川秀樹個展「Gwener」会場であるDEE’Sホールと、
一部の書店を除き一般書店では購入出来ません。
 
また、展覧会会場でのご購入では特典のエッチングは付きません。
是非この機会での入手をお薦めいたします。
 
「Zuhre」前川秀樹
・A4変形判 160ページ
・物語5篇、エッチング11点、ピンホールカメラによる像刻写真5点を収録
・本文2色刷、厚表紙綴葉装
・編集+発行 信陽堂編集室
・定価=3500円(税別)
  
   
お申し込み、詳細は
こちらへ。
 
信陽堂webサイト

写真は束見本に、表紙の校正を貼ったもの。
造本も我ながら凝っています。
お話しごとに変えた本文の組版も
きっと愉しんでいただけると思います。
早く刷り上がりが見たいです。
  
個人的には
1.読む用、2.保存用、3.プレゼント用と
3冊お薦めしたいほど。
本当に良い本になりました。
  
 
予約分の締切りは明日10日です。 
皆さんにとって、きっとかけがえのない一冊になるでしょう。
 
どうぞよろしくお願いします。
 
関 宙明
 

 

 

WORKS_BOOK78

WORKS_BOOK79

WORKS_BOOK80

「北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。」 萩原健太郎 著 永禮賢 写真

Photographs : 永禮賢 Satoshi Nagare
Art Direction : 関宙明 Hiroaki Seki
Design : 関宙明 Hiroaki Seki / 松村有里子 Yuriko Matsumura
Publisher : BNN新社 BNN, Ink.



    

(c) mr.universe all rights reserved