たのしく、書く人。
カキモリ
 

(さらに…)

お知らせが遅くなってしまって…。
 
 
今年6月に発売されたBNN新社刊「RETRO FONTS」の装幀を手がけました。
  
 

 

(さらに…)

少し前のことになりますが…。
  
 
 
以前にも、こちらで活版印刷による詩集のお知らせを
いたしましたが、今回は歌集の装幀を手がけました。
 
 
本文は内外文字印刷さんによる
岩田明朝体が美しく刷り上げられています。
 
歌集というと、古臭くて、堅苦しいイメージで
捉えておられる方も多いと思いますが
2008年に第54回角川短歌賞を受賞した
光森裕樹さんによるこの第一歌集は、
ゼロ年代の新鋭歌人と評されるだけあり、
私たちの世代にとっても親しみやすい
日常のテーマをとりあげながら
独特の陰影のある、とでも言いましょうか、
湿度を伴った視線で詠まれる短歌は
心地良い余韻があります。
 
発売当初から、
朝日新聞の歌壇欄や、
書評欄では同じ歌人である穂村弘さんに
取り上げられたり、
その他幾つかの新聞に取り上げられ
話題となっているようです。
 
内容の紹介はこちらこちらにお任せしまして、
ここでは造本についてご紹介したいと思います。
 
 
本文は前述のとおり
内外文字印刷さんによる
金属活字活版印刷。
 

芯紙は薄目の地券紙、そして角背。
カバーも帯も栞もありません。
シンプルでストイックな造本ですが、綴られた歌の余韻を
感じられるよう、ひばりが浮かぶ5月の空を思わせる
柔らかな色と、手の匂いを感じる描線で包みました。
 
 

真美堂手塚箔押所さんによる
きりっとした箔押し。

美しい歌集となりました。
 
 
2010年の現代に、
このような良書が活字活版印刷により仕上げられ、
多くの人々に手渡されるお手伝いを
させていただいたことがとても嬉しいです。
 
 
大型書店や、BK-1、アマゾンでも買えるようですが、
好評のため、版元の港の人さんでも
在庫僅少となっているようです。
 
 
また、現在千駄木の往来堂書店さんでは
港の人フェアを開催中だそうです。
「鈴を産むひばり」ほか、
港の人さんの美しい本たちが並んでいるとのこと。
お近くの方は是非足をお運びください。
 
鈴を産むひばり 港の人刊
著者:光森裕樹
四六判上製/金属活字活版印刷/本文192頁
 

 

 

 
 

 

お知らせが大変遅くなってしまいました。
鳥越の生活雑貨店SyuRoさん。
10月の半ばから、外苑前のワタリウム美術館内ショップ、ON SUNDAYSにて
展示販売イベントが行われています。
 
会期は11月14日までの予定でしたが、
好評につき30日(火)まで延長されたとのこと。
 
滑りこみでのお知らせとなってしまいましたが
祝日の明日、そして今週末
あちら方面へお出かけの御用のある方は是非お立ち寄りください。
 
写真はミスター・ユニバースのデザインによるDMです。
印刷は勿論活版印刷。ふっくらとした特厚の紙に
がっちりとエンボスを効かせました。

 


 

イベント詳細はこちらを御覧くださいませ。
 
 
 
よろしくお願いします。


 

 
 

早いもので今年ももう11月半ば。
空梅雨と酷暑の夏、あっという間に過ぎた秋を越え、
もう冬じたくの季節なのですね。
 
忙しさにかまけて、自分のことはおろか、
会社のこと、作品ページの更新も、
お知らせなどの告知も出来ず、
どんどん日が経ってしまいます。
 
そんな中、今日は仕事で使えそうな写真は無いかと
自分のストックを漁っていたら
懐かしい写真が色々と出てきて、
昔を思い出していたら
きのう今日と続けて起きた
ちょっとした不機嫌な思いもやわらぎ、
気分を換えて挑んだデザインも、
良い出口が見つかりました。
  
上の写真は2008年の1月、
東京に少しだけ雪が積もった日。
 
下の写真は2007年の4月頃、
九段で事務所を構えていた頃の一枚。
 
この頃撮った写真には
どことなく切なさが漂っています。
なぜだろう。
 
データをサーバーにアップしている間、
少し時間ができたので、
のこのこと出てきました。
蔵前の夜は長いです。
 
忙しい日々が続いていますが、
僕、マッちゃんもハマちゃんも
今イラストで仕事を手伝ってもらっている
ミゾッチも、
元気でやっています。
  
また近々、たまりにたまったお知らせを
更新しますね。
 
東京地方の日中は暖かい日が続いていますが
朝晩は随分と冷えこむようになりました。
皆さま、暖かくしてご自愛を。
 
 
101112  関

WORKS_LOGO60

WORKS_LOGO61

書籍タイトルロゴ

Art Direction / Design : 関宙明 Hiroaki Seki
Publisher : 港の人 Minato no Hito



    

adposters_123

adposters_124

adposters_125

カキモリ 店頭ポスター

Copywriting : 伊坂真貴子 Makiko Isaka
Creative Direction / Art Direction / Design / Photographs : 関宙明 Hiroaki Seki
CLIENT : カキモリ



    

夜の甘み 装幀

夜の甘み 装幀


夜の甘み 装幀

◎造本仕様
・A5判並製、カバー装、表紙がんだれ
・カバー:わらがみ 麦茶
・表紙:アラベール スレートブルー
・見返し:まんだら はいざくら
・本文用紙:メヌエットライトC

夜の甘み 伊藤啓子 著

Design : 関宙明 Hiroaki Seki
Publisher : 港の人 Minato no Hito

    
本のはなし ⑤  夜の甘み

(c) mr.universe all rights reserved