T_branding_58
logo


branding_51
campaign flyer


branding_52
concept book


branding_53

branding_54

branding_55

branding_56
web site


branding_57

Copy Writing : フジタノリコ Noriko Fujita
Creative Direction / Art Direction / Design : 関宙明 Hiroaki Seki



 

 
 
 

御徒町の家具屋、ウッドワークさん
 
本日(15日)、新作家具のラインを発表しました。
 
 

その名も『相談式収納TANA』
 
TANAは、新しいかたちのオーダー家具。
でも、オーダーでは無く『相談式』
 
そう、だからきまった形はありません。

え?どういうこと?
 
詳しくはWEBサイトを御覧ください。
 
因みに『TANA』の名の由来は、「棚」。
棚はすべての収納家具のベースとなる最も基本的な形で
シンプルで、お客様ひとりひとりの思いを受け止め、
自由に展開できる家具を目指し名付けたとのこと。
 
このたびミスター・ユニバースでは、
TANA発売み向けてのキャンペーンの企画ディレクションから
ツール制作、WEBサイト、店頭ポスター、カタログなどで
お手伝いさせて頂きました。
 
7月から少しずつ築きあげたものが
とうとう形になってとても嬉しいです。
 
さて、ウッドワークさんでは
新作家具の発売を記念して、
『あなたの理想のTANA、差し上げます』キャンペーンを開催中です。
 
簡単に言うと、無垢材を使った贅沢な収納家具を、
あなたのご希望のサイズ、仕様で作ってプレゼント! してくださるとのこと。
発表はクリスマス。
豪勢なクリスマスプレゼントになりますね。
 
是非、WEBサイトで詳細をお確かめください。
 
 
今回のキャンペーンには
ウッドワークのスタッフの皆さんのお力を沢山お借りしました。
 
この新作家具に掛けるスタッフの思いがとても力強く、
そしてキラキラと輝いて見えたので、
自ら広告塔となっていただくべく、
皆さんの写真を撮影し、WEBサイトやポスター、チラシなどに
ご登場願いました。
 
僕にとって、とてもとても思い入れが深く、
いい意味で手作り感のある、楽しい仕事となりました。
 
 

店長の藤本さんと奥さんと息子さん
息子さんは僕のカメラを気に入ったようで、
撮影後も触りたそうにカメラに手を伸ばしていました。
(お父さんに、おこられてましたけど(笑))


工房の家具製作担当直井くんとその奥さん
奥さんは素敵な陶芸作品を作ります。
 
 
 

店舗スタッフの齊藤さん 
スラリとスマートな長身に似合わずバンカラな一面も。無類の旅好き。
 
 
 

そしてこちらは実はウッドワークのお客さまご夫妻。
本当に仲の良い素敵なご夫婦です。
ウッドワークさんからのお願いを快諾してくださった
無垢の家具が大好きなお客さま。
 
 
どのように登場するのか、
是非TANAのウエブサイトで御覧ください。
 
幸福な気持ちが溢れ、生まれた素敵な家具『TANA』のデビューです。
 

『相談式収納TANA』

 
そして、是非キャンペーンにご応募くださいね。
よろしくお願いします。 
 

WOODWORK
 
 
最後に、WEBサイトには登場しなかったけど
冊子で活躍してくれた工房の鈴木くん、広報を一生懸命頑張ってくださったチーフの杉島さん、
篠崎専務、そして何日も徹夜で頑張ってくれたコピーライターのフジタさん。
皆さんの頑張りが今日実りました。
沢山の方々に愛される家具になるよう、蔵前より応援しております。
 
お誕生日おめでとう『TANA』!
 
 
 
 

WORKS_LOGO42

文具店 ロゴ

Art Direction / Design : 関宙明 Hiroaki Seki
CLIENT:カキモリ



    

ミスター・ユニバースで
名刺や冊子、DMづくりなどでお手伝いさせていただいております
馬喰町の雑貨卸を営む松野屋さん

本日10月1日より
アノニマ・スタジオさんでイベントを開催中です
 
 

松野屋と、レイバー・アンド・ウエイト
〈ニッポンとイギリス。暮らしを紡ぐ道具 - 展示と販売〉
 
ある日、二つの店が出会いました。
東京の「松野屋」と、ロンドンの「レイバー・アンド・ウエイト」。

二つの店が探し集め販売する、永く愛される生活道具たちは
偶然にも、びっくりするほどよく似ています。
この事実は、現代の暮らしに本当に必要な道具は、
永く使われてきたシンプルなものにあるという私たちの思いを
二つの国にわたり確信するハッピーな出来事でした。

この出会いを記念して、日本と英国で人々の暮らしを
紡ぎ続ける生活道具を持ち寄り展示販売を行ないます。

海に囲まれた島国に暮らす私達の意外な共通点を、
発見してください。
 
 
 
【イベントとトークショー】
 
◎10月2日(土)
・15時30分~職人による手仕事の実演
・17時~ウエルカムパーティー(下町の味でおもてなし)
 
◎10月3日(日)
・13時~ L&W、サイモンとレイチェル &松野弘(松野屋)のトークショウ
 「日本とイギリス、暮らしの道具」
 
どなた様もご自由にお入りいただけます
 
10月1日(金) ~ 7日(木)11時 ~ 18時
於 アノニマ・スタジオ一階「ガレージ」

 
共催 株式会社 松野屋
   株式会社ビショップ

【株式会社 松野屋】
昭和20年東京馬喰町で創業。雑貨・荒物・業務用の鞄などを取り扱う卸問屋。
旧くから使われる荒物や素朴な日本の生活道具を探し求める販売する。
・松野屋

【レイバー・アンド・ウエイト】〈 LABOUR AND WAIT 〉  
永い時代を生き抜いた美しいデザインと優れた実用性を兼ね備えた
生活道具を取り扱うロンドンの日用生活雑貨店。
日本では株式会社 ビショップの店舗にて取り扱う。
・Labour and Wait
・ビショップ
 
 
日曜のトークショーでは、
松野屋さんとレイバー・アンド・ウエイトさんの
日欧で昔から使われる道具たちへの
深い愛情を感じるお話が展開されると思います。
楽しみですね。

 
 
ミスター・ユニバースでは
今イベントの告知DMほか、
松野屋さんの冊子なども制作させていただきました。
 
冊子は、この夏下町のほうぼうへ出かけ
松野屋さんの商品たちを(汗だくで)収めた商品の写真で構成された
B6判変型ジャバラ折り10頁のものです。
 
どうぞ会場でもらって下さい。
  

以下写真は冊子より
 


 
 
 

 
 
 
この週末は、是非アノニマ・スタジオへ。 

 

(c) mr.universe all rights reserved